善隣教 
トップページ善隣教の案内今月の言葉年間の行事トピックス
今月の言葉
みおしえ
 1月『変わる力』
12月『一の道』
11月『全力の道』
10月『寛容の精神』
 9月『汝は汝の
      大切なり』
 8月『三力の道』
 7月『近道より
      来たれ』
 6月『五つの宝』
 5月『努力は祈りに
    優りて尊し』
 4月『心の糸』
 3月『善なる生き方』
 2月『協力』
 1月『信仰と
    人間的進歩』
12月『五条の道』
11月『三如の生涯』
10月『結ぶ』
 9月『善を先とする』
 8月『結びの人生』
 7月『神に
    褒められる人』
 6月『精進の道』
 5月『信仰と
     人間関係』
 4月『五味の人生』
 3月『日尊の道』
 2月『五条の信仰』
 1月『穏やかなる
       生活』
12月『全力の道』
11月『汝等常に
   心明るき処へ居れ
   幸福と健康に
   恵まれざるなし』
10月『為の人生』
 9月『和と愛に依る
        信仰』
 8月『道は
     心の光なり』
 7月『人間の運命と
      人間関係』
 6月『汝の中の
      汝の発見』
 5月『調和の生活』
 4月『三義』
 3月『汝等常に
   歩くが如くあれ』
 2月『信仰心の具現』
 1月『人生の三大美』
12月『言葉の大切』
11月『人生の三道』
10月『寛大』
 9月『人間の運命と
      人間関係』
 8月『人間関係の
        調和』
 7月『神を
    よろこばせよ』
 6月『行く事が先か
    着く事が先か』

<バックナンバー>
一.運命について
 1.運命の実相
 2.運命の理法
 3.心と運命
 4.生活と運命
 5.病と運命
二.生命について
 1.生命の業
 2.生命と愛
 3.生命と新陳代謝
 4.生命と縁
三.人生について
 1.人生の目的
 2.人生の価値
四.信仰について
 1.信仰の本質
 2.神と人
 3.信仰生活
五.みうた
 1.親心
 2.家族
 3.病
 4.善隣信仰
 5.人生
六.箴言
 1.心もよう
 2.処 世
みおしえ
 1.運命転換の道
 2.己に願う
 3.喜びは生命の糧
 4.心身のいとなみ
 5.慈悲と慈愛
 6.明暗と喜悲
 7.おかげと帰依
 8.人生の謎 
 9.神の説き給う道 10.人生の喘ぎと
    神の喘ぎ
11.信仰と修行
 
みおしえ

1月 『変わる力』

 新年、明けましておめでとうございます。
 今年も、信徒の皆さんと偕に、五色妙連の言霊〈神光〉のもとに、精進していきたいと思います。
 さて、平成最後の年初めの御教えは、〈変わる力〉です。
 〈変わる力〉とは何か。どう変わるべきなのか。変わることによって、何かどう変わっていくのかを考えてみましょう。

〈神の救いは 汝自身の変わる力に応じて注ぎ給う〉

 神の救いを授かるためには、どうしても自分自身が変わらなければなりません。人のせいにして、人が変わるのを待っていても、自分の運命が変わることはないのです。

〈汝 速やかに変化せよ
 然らば汝自身の運命 直ちに変化すべし〉

 生きているかぎり、これからも様々な事が起こるでしょう。
 しかし、その時その時に、自分の至らなさに気づいて変化しさえすれば、どんな事情もすぐに解決し、運命そのものが変わっていきます。

〈人間的変化 人間的生まれ変わり
 人間的変わり方に並行して
 その者の運命や 自ずから幸せとなる〉

 相手が変わることを求めるのではなく、自分自身が人間的に変わること。自分が変わりきれず、相手ばかりを責め、相手に責任を転嫁していては、いつまで経っても幸せにはなれません。
 すべての運命は、自分の責任によって造られているという自覚を持つこと。家族が驚くほど、表情から立ち居振る舞いまで変わることができれば、必ず運命は好転し、幸せになっていきます。

〈御教えを聞くから助かるのではない
 御教えに従って これを実践して
 人間らしく生まれ変わるから
 自らのその変わる力に応じて助かるのである〉

 ただ漠然と御教えを聞くだけでは、助かりません。御教えを何度聞いても、御教えの通りに実践できなければ、人間らしく生まれ変わることができないからです。「ああ、そうだった」と気づき、反省する。その気づきの力が原動力となって、毎日、御教えを実践するからこそ、生まれ変わることができるのです。
 しかし、そのためには『御聖経』の祈りを捧げ、人間は〈神の子〉であることを自覚すること。〈神の子〉であるとの自覚があってこそ、新しい自分に生まれ変わっていけるのです。

〈御教えを聞くから助かるのではない
 御教えの言葉の奥に潜む言葉なき言葉を汲み取り
 これを身につけるから人間的に変わる事が出来る
 故に自ら助かる事が出来る〉

 御教えに示されている言葉なき言葉を、つまり言葉の奥にある神の御精神(みこころ)を汲み取りましょう。心が感動で打ち震えるほど、御教えから神の意思を汲み取ることができれば、素直に日常生活で御教えを実践することができます。
 そうして、何度も何度も御教えの実践を繰り返していくうちに、新しい自分に生まれ変わっていけるので、助かるのです。

〈変わり得ない人間は 神の救いに会い難し〉

 「でもですねえ・・・」と言っている間は、変わりきれないので、救われません。変わりきれなければ、神に救われにくい。これは絶対の法則です。

〈変わり得ない人間は 人を無視した人間である〉

 なぜ、人間は変わらなければならないのか?
 それは、人間が一人では生きていけない存在だからです。つい自分一人で生きているかのように思ってしまいがちですが、誰かの関わりや支えがなければ生きていけないのが人間です。
 だから、自分という「我」に囚われて、人を無視している人は、どうしても変わることができません。

〈変わるから人間関係がよくなり 人を喜ばせ
 その度合いが運命を好転させる〉

 人間関係を良くしていくことが、すなわち〈変わる〉ことです。
 引っかかってしまった事情や、人への執着や拘(こだわ)りを捨て切ることができれば、変わることができます。変わることができれば、人間関係が良くなるので、自ずと運命が好転していくのです。
 心から人を喜ばせられる人間に変わりましょう。

〈飽く迄も変わる力が問題である
 兎に角変わる以外に
 この世の中に助かる方法はない〉

 いつまでも過去の事に囚われている間は変われません。しかし、それら一切をかなぐり捨てれば、〈変わる力〉が湧いてきます。
 そのためには、「この人と絶対に繋がっていきます」と祈りを込め、見方・聞き方・考え方の全てを変えていくしかないのです。
 それでは、具体的にどのように変わればよいのでしょうか。

〈変わる力 変える力
 頑固な人間が柔らかな人間に変わる
 気の短い人間が気長な人間に変わる
 寄り付き難い人間が寄り付き易い人間に変わる
 無口な人間が話す人間に変わる
 笑顔のない人間が笑顔の人間に変わる
 仲の悪い人間が仲の良い人間に変わる
 人に嫌われる人間が人にすかれる人間に変わる
 陰気な人間が陽気な人間に変わる
 以上の如く 自ら我れを変える力 変わる力が
 自分の運命を幸せにする〉

 〈変わる力〉〈変える力〉の御教えは、あなたの幸せのためだけのものではなく、〈善隣の道(みち)〉を知らずに迷っている全ての人が、喜びあふれる幸せな人生を送っていただくためのものです。
 柔らかく気長な人間に変わり、人と繋がるためには、寄りつき易い、よく話す人間に変わらねばなりません。
 また、心の中にある蟠(わだかま)りや執着をサッパリと捨て去り、笑顔で仲良くする。さらに、人の足りない所ばかりを見て責めるのではなく、なるべく良い所を捜して人を思いやれる人間になれば、人に好かれ、御神尊様の御慈光(みひかり)を授かって、陽気になる。
 そうして自分で自分を変えてくことが、そのまま自分の運命を幸せへと導いていくことになるのです。

〈汝等 速やかに変わるべし
 直ちに神の救いの注がれん〉

 私たちは、常に神の恵みによって生かされています。だから、神・先祖に繋がるタテの愛と、全ての人に繋がるヨコの愛に目覚め、その愛に感謝して、全ての人と明るく楽しい生活を送ること。それが〈変わる〉ことであり、神に救われる道なのです。
 本気になって、生まれ変わろうではありませんか。