善隣教 
トップページ善隣教の案内今月の言葉年間の行事トピックス
今月の言葉
みおしえ
 2月『信仰と社会』
 1月『笑顔の信仰』
12月『自由自在』
11月『小善の尊さ』
10月『神慮』
 9月『祈りの力』
 8月『守るの自覚』
 7月『信仰と善意』
 6月『神に
    好かれる者』
 5月『信仰とは何か』
 4月『進善 止悪』
 3月『和楽の道』
 1月『三輪の道』
12月『支え合い』
11月『双翼』
10月『神を友とす』
 9月『家の大切』
 8月『穏やかなる者』
 7月『三つの大切』
 6月『生活の大切』
 5月『神に
    すかれる人』
 4月『三宝の生活』
 3月『汝の本心
      汝を救う』
 2月『失う事勿れ』
 1月『変わる力』
12月『一の道』
11月『全力の道』
10月『寛容の精神』
 9月『汝は汝の
      大切なり』
 8月『三力の道』
 7月『近道より
      来たれ』
 6月『五つの宝』
 5月『努力は祈りに
    優りて尊し』
 4月『心の糸』
 3月『善なる生き方』
 2月『協力』
 1月『信仰と
    人間的進歩』
12月『五条の道』
11月『三如の生涯』
10月『結ぶ』
 9月『善を先とする』
 8月『結びの人生』
 7月『神に
    褒められる人』
 6月『精進の道』
 5月『信仰と
     人間関係』
 4月『五味の人生』
 3月『日尊の道』
 2月『五条の信仰』
 1月『穏やかなる
       生活』
12月『全力の道』
11月『汝等常に
   心明るき処へ居れ
   幸福と健康に
   恵まれざるなし』
10月『為の人生』
 9月『和と愛に依る
        信仰』
 8月『道は
     心の光なり』
 7月『人間の運命と
      人間関係』
 6月『汝の中の
      汝の発見』
 5月『調和の生活』
 4月『三義』
 3月『汝等常に
   歩くが如くあれ』
 2月『信仰心の具現』
 1月『人生の三大美』
12月『言葉の大切』
11月『人生の三道』
10月『寛大』
 9月『人間の運命と
      人間関係』
 8月『人間関係の
        調和』
 7月『神を
    よろこばせよ』
 6月『行く事が先か
    着く事が先か』

<バックナンバー>
一.運命について
 1.運命の実相
 2.運命の理法
 3.心と運命
 4.生活と運命
 5.病と運命
二.生命について
 1.生命の業
 2.生命と愛
 3.生命と新陳代謝
 4.生命と縁
三.人生について
 1.人生の目的
 2.人生の価値
四.信仰について
 1.信仰の本質
 2.神と人
 3.信仰生活
五.みうた
 1.親心
 2.家族
 3.病
 4.善隣信仰
 5.人生
六.箴言
 1.心もよう
 2.処 世
みおしえ
 1.運命転換の道
 2.己に願う
 3.喜びは生命の糧
 4.心身のいとなみ
 5.慈悲と慈愛
 6.明暗と喜悲
 7.おかげと帰依
 8.人生の謎 
 9.神の説き給う道 10.人生の喘ぎと
    神の喘ぎ
11.信仰と修行
 
みおしえ

2月 『信仰と社会

 新年を迎え、さらに増大しているコロナ禍の中、私たち善隣信徒は、改めて信仰のあり方を見つめ直していかねばなりません。
 そこで今月は、かつて御神尊様が感謝祭の日に説かれた〈信仰と社会〉の御教えによって、今の自分の信仰はどんな信仰であるかを見つめ、その上で、これからの信仰はどうあるべきかをしっかりと学び、肝(はら)に収めていただきたいと思います。

〈我がために信仰するのではない
 人の為 世の為に信仰をするのであると
 思う者の上に幸いあり〉

 御神尊様は、信仰によって、どのような人間になれば幸せを授けていただくのかを明確に示されています。そして、その全ての教えを、聖主様が体系的にまとめられた《まんだら》に、信仰のきっかけは〈願〉であると示されています。
 つまり、「今日も明日も幸せになりたい」と願う個人的な願いと同時に、「社会のすべての人が幸せでありますように」と世界全体の平和を願う社会的な願いこそが、結局は、その人の霊(たましい)を磨き、この世に「善隣の園」を築くことになるということです。
 常に、人のため世のためにという自覚をもって精進することこそが、御神尊様が身をもって示された〈神化道(しんげどう)〉なのです。
 今回のコロナによる気づかせは、私たちが今、家族や縁ある人の幸せを祈り、さらにはすべての人の幸せを祈る信仰に徹しているかどうかを試されているのです。
 昨年、皆さんが『御聖経』や《御璽経》の写経に精進される時、一文字一文字に心を込め、一日も早いコロナの終息と世界の平和を祈られたと思います。
 それでもコロナが収まらないということは、もっともっと『御聖経』の御聖徳にあやかり、すべての人が幸せになれるようにと祈り、社会をよくしていくための信仰に精進しなければならないということです。

〈神 汝を助け給わず
 汝等をこそ助け給うの
 神の御意志に従った信仰〉

 神は、あなた一人のために御慈光(みひかり)を注がれているのではありません。あなたとあなたの家族や縁ある人、そして世界中の全ての人を救うために御慈光を注いでくださっています。
 捨て身の修行によって御神尊様が示された『御聖経』には、神が「万人を救いたい」と願っておられる御意志が示されています。その御意志に従って生きること。それが、まさに善隣信仰であり、神が喜ばれる生き方なのです。
 それでは、どういう生き方をすれば、神は喜んでくださるのでしょうか。

〈人に対して 社会に対してどうあるべきか
 家庭的人間関係 社会的人間関係を
 よくする事に依って 神人関係をよくする処に
 生きたる信仰がある〉

 御神尊様は、〈生きたる信仰〉をせよと示されていますが、お参りもできない、語り合いもできない、ふれあいもできないというコロナ禍の中で、〈生きたる信仰〉とは何なのでしょうか。
 それは、どんな状況であろうとも、家族との人間関係を、さらには社会すべての人との人間関係を良くすることによって、神に喜ばれ、毎日を生き生きと生活していくことに外なりません。
 常に、誰とでも円満に和合の生活ができるよう精進すること。すなわち、いつでも、どこでも、どんな人にも笑顔で接し、自分の方からお辞儀して声をかけられるようになることです。
 そのためには、そうある自分をいつもイメージし、それが自然にできるようになるまで、意識しながら精進し続けることが大切。そのための修行が、「聚善の行」なのです。

〈社会的に貢献する事の出来ない信仰は
 個人信仰に終りて
 世に益する処なし〉

 自分や家族が幸せになるための個人信仰ではなく、社会に貢献できるような信仰に精進することが大切です。中でも、最高の社会貢献は、救いの経典である『御聖経』を一人でも多くの方にお伝えすることです。
 八十五節からなる『御聖経』には、〈神の子〉である人間としての生き方が、明確に示されています。
 したがって、『御聖経』を読誦すれば、偉大なる御神力を授かり、無上の喜びと幸せがもたらされます。しかも、『御聖経』に示されている神の教えを日常生活で実践することができれば、悩みは消え、自ずと心は明るくなり、楽しい人生を送ることができるのです。
 そんな崇高な『御聖経』を、未だ〈善隣の道(みち)〉を知らず、迷い苦しんでいる人たちにお伝えする。それが社会に貢献することであり、最も神が願い喜ばれることです。
 どうか、一人でも多くの方に『御聖経』に示される人としての生き方を伝え、「助けてください」とおかげを頂くだけの信仰ではなく、社会に貢献する信仰に精進していただきたいと思います。

〈おかげ 御利益を我が胸に止めて居る者の信仰は
 延ばずして 益なし〉

 おかげ・御利益を頂きたいと思うのは、当然です。
 ただ、おかげ・御利益を頂いた後が問題。決してそれを独り占めをせず、人に伝えなくてはなりません。
 なぜなら、「運命を開拓し、幸福健康に恵まれたい」という願いは、信仰がある人もない人も誰もが抱いている願いだからです。
 信仰によって運命が開拓され、幸福健康になった喜びや経験を、そのままお伝えする。そうすれば、信仰に興味も関心もない人でさえ耳を傾け、「どうすれば皆が笑顔の生活ができるのか」「どうすれば、すべての人が心穏やかに、互いに力を合わせて社会に協力できるのか」を考えていくことでしょう。
 それこそが社会貢献であり、「善隣の園」顕現への道なのです。

〈社会のための信仰こそ
 生きたる信仰にして
 神の喜び これに過ぐるものなし〉

 布教伝道こそ、〈生きたる信仰〉です。
 ただ、口八丁手八丁で雄弁に語るから人を救えるのではありません。「病気が治った」「夫婦が仲良くなった」「子どもが勉強するようになった」など、皆さんが実際に救われた喜び体験を伝えるからこそ、それを聞いた人が信仰の素晴らしさを感じ、その感動と感謝によって自ずと救われていくのです。
 マスクと手洗い、三密を避けて十分に換気を行い、思う存分救われた喜びを語り伝えましょう。そして、〈信仰と社会〉の御教えを実践し、すべての人の幸せを祈り続けようではありませんか。